BOOKS-A-GO-GO!! 本好きな方は、こちらもどうぞ( ^∀^)

僕の中の吃音③ 吃りを減らす5つの方法

  • URLをコピーしました!

吃音って大変ですよね(T ^ T)

そんなあなたに朗報です!?吃音を減らす方法があるのです!僕流ですが。

初めに吃りを減らす方法5つを言っておくと、

1.自分の『吃る言葉』を把握する。

2.吃る言葉の、『代替え言葉』を決めておく。

3.吃る言葉の、『前置き言葉』を決めておく。

4.『腹式呼吸』を意識する。

5.『仲間は沢山いるぜ!』と思う。

吃音は、人によって吃る言葉が違う。『母音』が吃る人もいるし、『カ行』が吃る人もいる。人それぞれだ。ちなみに僕は、『タ行』が吃る。他にも『サ行』など色々あるが、、、。

前回紹介した、映画の志乃ちゃんは、『母音』が吃る。

僕の場合、例えば、丸亀製麺で、『とろろ』を頼みたくても、『と』が吃るとわかっているので、なかなか言えない。

どうしても食べたい、かつ周りに他のお客さんがいなければ、吃るの覚悟で注文する時もある。

その時は、『ろろろ下さい。』など言うと比較的言える。

『とろろ』の『と』は、舌が上唇につくので、僕は吃りやすい。なので、一言目を『ろ』にすると、言える。

しかし、丸亀製麺は、注文札という物が一部の店にあり、『とろろ』の札を持っていけばいいだけの店もある。これは良心的だ。前にTwitterでこれをTwitterで呟いたら、丸亀製麺から『いいね』を貰った笑

あと、僕はラーメンが好きで、二郎系の『ジャンクガレッジ』が好きだ。本場の『ラーメン二郎』ももちろん好きなのだが、『二郎』はスープの油が多いので、『ジャンクガレッジ』のスープが好きだ。しかし、『二郎』の100円プラスすると、肉がガツンと入る肉増が最高なので、1番いいのは、『二郎』の麺、『二郎』の肉増し、『ジャンクガレッジ』のスープ!これが最高なのだ。

前置きが長くなってしまったが、ここで言いたいのは、ガッツリラーメン最高!!、、、では無く、

『二郎』は、ニンニク、野菜、油、などを『増し』『増し増し』と言う言葉で、大盛りに出来るので、凄く注文しやすいのですが、

『ジャンクガレッジ』は、『ダブル』『トリプル』と言う言葉なので、吃ってしまうのだ。

なので、本当は、ニンニクを『トリプル』にしたいのだが、『ト』が吃るので、仕方なく『ダブル』にする場合が多い。しかし、『ダブルも実は吃りやすいので、『え〜ダブルで!』などと、ひと工夫が必要だ。なので、注文は二郎の『増し』『増し増し』が最高だ。話ながっ!

PayPayも吃りがちなので、『エイペイで。』と言うと自分は言いやすい。

一言目の『ぺ』が上下の唇をくっつけて離す破裂音なので、『ぺぺぺ、、、』と吃りやすい。なので、一言目を『エ』にすると、上下な唇がくっつかないので、比較的言いやすい。

大丈夫?と言うフレーズもよく使うが、『だ』が舌と上唇がくっつくから吃るので、『らいじょうぶ?』と、一言目を『ら』にするとスムーズに言える。

こう言う言い換えをしていくと、比較的何とかなる。

人の名前もそうだ。

『高橋』だと『た』が吃るので、

『あかはしさん』などという。

『た』だと『た、た、た、、、』となるが、『あ』ならスムーズにでる。

そう言う、人によっての癖があると思うので、『いい換えの言葉』をあらかじめ考えておくといいかもしれない。

あとは、歌を歌う時は、全く吃らないのだが、これは、『腹式呼吸』なので吃らないのだろう。

あとは、思い切り低い声で喋ると吃らない。

これも『腹式呼吸』だからだろう。

なので、ミュージカルの様にすると吃らなくなる。

なので、私生活をミュージカル風にすれば吃りにくくなるだろう。

まあ、これをすると、かなり変なやつのレッテルを貼られるが、、、。

これらの様に、この言葉は吃るので、他の言葉を発する事は良くある。ある時は、言い換えるのではなく、完全に他の言葉にするパターンだ。

僕は海外旅行が好きなのだが、良く聞かれるのが、『1番好きな国はどこ?』これだ。海外旅行が好きな人なら必ず、間違いなく、200%聞かれる言葉だろう。

プロレスラーの安生洋二が言った名言『200%』から拝借させてもらった。安生洋二とは、ヒクソングレシーに道場破りを決行して、ボコボコにされた挙句、失神させられたなかなか粋な?そして面白いプロレスラーだ。

安生はいいとして、僕は、1番好きな国は、タイだ。

その理由は、人が優しくて、ご飯が美味しくて、海が綺麗で、物価が安くて、大人も子供も遊ぶ所が沢山あるからだ。

しかし、タイの『タ』が吃るので、言いやすい『マレーシア』と言ったりする時もある。マレーシアも実際に好きなので嘘ではないしね。

それでも『タイ』と答えたい時は、最初に、『え〜』とか『あの〜』とか、『やっぱり』とか、前に他の言葉を付けると喋りやすいので、何か一言付けてから『タイ』と答える。

これは、吃音の人なら分かるだろう。人によって吃る言葉が違うので、この言葉の代わりはこの言葉を言う。とか、1番好きなのはこれだけど、これの言葉吃るので、次に好きなこれを言おう、とか、ある程度『代替えの言葉』を決めている人も多いと思います。

なので、まとめると、

1.自分の吃る言葉を把握する。

2.吃る言葉の、代替え言葉を決めておく。

3.吃る言葉の、前置き言葉を決めておく。

4.腹式呼吸を意識する。

これらを意識すると、比較的吃りと上手く付き合う事が出来る可能性がある。僕がそうなので。

それでも、吃って喋れない人は沢山いると思うので、吃音を持っている人は、1人じゃない。自分だけじゃない。仲間も沢山いる。と思ってくれると嬉しいです。

僕もその仲間の1人です。みんなで少しでも心地の良い生活を目指していきましょう!( ^ω^ )

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己破産系ミニマリストのガチ山です。
現在46歳。貯金無し。派遣。

10年後の55歳でFIREします。えっ?55歳は早期リタイアじゃないって?
まぁまぁ、そこは多めに見て下さい♪( ´θ`)
早くFIREしたい!
『FIRE-A-GO-GO!』 

ちなみに『ファイアーアゴーゴー』とは、
FIRE最高!何てったって FIRE!みたいな意味です。

高校中退→通信制高校→二浪→大学→ニート→フリーター→転職5回→自己破産→派遣(T . T)

あなたの人生が、より豊かになる『キッカケ』になるブログを目指しています。

目次
閉じる