【100万円チャレンジ!】貯金100万円を貯めたら人生が変わる!!

メルカリで売るより、全て捨てるべき捨てるべき7つの理由 面倒、めんどくさいなら捨てろ

  • URLをコピーしました!
私は、断捨離を始めて50日位経っている。そこで思った事は、まず初めにモノを手放そうと思ったらどうするか?
結論から言おう。
 
最初に出た大量の不用品は、リサイクルショップに全て持って行け!!
リサイクルショップが無いなら、全て捨てろ!!
と言う事だ。
なぜなら、メルカリでモノを売ろうとすると、面倒臭くて結局手放せない可能性があるからだ。
メルカリは、慣れるととても便利で使い勝手の良いツールなのだが、慣れていないと色々と手間が掛かって、モノを手放す事自体が億劫になってしまうという危険性がある。

では、順番に見ていこう。

目次
スポンサーリンク

モノの写真を撮るのが面倒

ここでいきなり面倒な事は、光が反射して上手く撮ることが出来ないと、何度も撮り直さなければならない事だ。
照明機材を持った慣れた方なら一発だが、それも無いと大変だ。
部屋のライトでは暗いし、
自分が光を遮断して影になってしまったり、机の汚れが気になって机を拭いたり、
拭いても傷や汚れが落ちないと、その部分が見えない様に、
その上に商品を置いたり、商品の場所を動かしたり、
向きを変えたりして、机の汚れや傷が見えない様にしなければならない。
そんな事をしていると、それだけで面倒になってしまうのだ。

商品の説明文を書くのが面倒

これは、大体何年使ったとか、使用感があるかとか、メーカーは何で、どんな特徴があるかなどだ。

これは、あまり詳しく書いていない人もいるが、きちんと書こうとすると結構面倒だったりするのだ。

なので、ここでまた時間を取られる。

出品するのが面倒

一気にたくさん出品すると、一気に問い合わせが来る事があるので、そうなると、また対応が大変になる。

問い合わせ対応や、値下げ対応が面倒

人気商品は、すぐに売れるか、問い合わせが来る。
もしくは値下げ交渉が来る。
速攻で売れるなら問題ないのだが、細かい質問や、しつこい値下げ交渉をする人に付き合ってしまいと、それだけで消耗してしまう。
例えばガジェット関係なら、満充電から何時間もつかとか、急速充電対応かとか、何分で何%まで行くかとか、、、。
満充電から何時間もつかを聞かれたら、実際に使ってみなければならない。
普段から大体の時間を把握しているのなら良いのだが、普段あまり気にしていない場合は大変だ。適当な事を言って、
あとでクレームになってもいけないので、わざわざ実際に満充電から充電がなくなるまで使ってみなければならない。
これだけで、数時間かかる。
この様な問い合わせが、一気に数件来ると、その時点で面倒くさっ!!となってしまうのだ。
例えば、値下げ交渉も、3,000円のものを『2,800円にしてもらえませんか?』と言われれば、『はい、分かりました。』と即対応も出来る。
しかし、いきなり『1,000円にしてもらえませんか?』なんて言われる事もあるので、困ってしまう。
最初から値下げ出来ません、としてしまうのもありだが、メルカリ初心者は、相場をそこまで把握していない場合もあるので、高く設定してしまうと全く売れなくなってしまう。
全く同じモノが売っているなら、それを目安に値段を決められるのだが、
同じモノが売っていないと、値段の目安が分からない時がある。そんな時が、困ってしまうのだ。
3,000円から『値下げしてもらえませんか?』と交渉された時に、『2,500円でどうですか?』
と返信すると、大抵はそれで決まる場合が多いのだ。
しかし、今回は、もう直ぐに売りたかったので、
『間をとって、2,000円でどうですか?』と利益度外視で返信した。すると、
『1,003円でどうですか?』と言う返信が返って来た。
これを見て、あなたはどう思っただろうか?
私は、『正直気持ち悪っ!』と思った。
正直寒気がした。よくこんな事が言えるなあと、、、。
これは、私が実際に体験した事なのだが。
自分だったら絶対にこんな交渉は出来ない。相手がどう考えるかなんて考えていないのだ。
これは、メルカリが相手の顔が見えないから、気にしない人は、ガンガン無理を言ってくるのだ。
これは、SNSの怖い所だ。なので、こちらもこの様な変わった人がいても気にしてはいけないのだ。
この様な事を気にしていると、どんどん取引する事自体が嫌になってくるのだ。
なので、メチャメチャ長くなってしまったが、お客さんによっては、対応に時間がかかったり、
精神的に消耗してしまう可能性がある事を肝に銘じていなければならない。

梱包するのが面倒

これも慣れていればすぐ出来るのだが、初めてだとなかなか面倒だ。
今は、コンビニで箱などが売られているので、かなり楽になった。
本は200円位で、小物は380円で送る事が出来る。
しかし、もうちょっと大きいものになると、ちょうど良い箱が無く、ここで面倒になってつまずいてしまうのだ。
慣れた人なら、箱を細工して作ったり出来るだろうが、やった事の無い人は、箱をどう準備して良いのか分からない。
実際私も、大きめの物を売る時に、ちょうど良い箱が無くて困った事があった。
その時は、Amazonで買った時の大きめの箱があったので、それを使った。
かなり大きかったのだが、箱の三辺の長さがギリギリ料金内だったので良かった。
これが、箱が大きくて、数百円も値段が上がるなら、そこでまた萎えてしまう。
それに、箱が大きいと、間に新聞紙などの緩衝材を入れないと、モノが箱の中で動いてしまう。新聞があれば良いのだが、今の時代新聞を取っている家庭がどれだけあるだろうか?
私はもちろん新聞など取っていない。今の時代、無料で即座にネットでニュースが知れるので、前日のニュースをわざわざ紙媒体で送られてくる新聞を撮るメリットはあるのとは思えない。
おっとこれは話が逸れるので良いとして、新聞をわざわざ買うのもお金がかかるし、面倒なので、書き込まれていないノートのページを破って丸めて入れた。
商品によっては、精密機械などなら、プチプチで本体を覆わなければならない場合も多いと思う。
これも、アマゾンなどを利用した時のプチプチがあれば良いが、無ければ買わなければならない、なんて事もあるかもしれない。
それに雨に濡れるといけないので、クリアケースに入れて、テープで貼ったりする。
しかし、これも100円ショップであらかじめ買っておかないと、
後で買うなんてことになったら、100円ショップに行くのが面倒なので、また萎えてしまう。
それに、100円ショップがどこにあるのか?近くにあるのか?調べるだけで嫌になる人もいるのでは無いか?
まあそんな人は、メルカリなんてやらずに全部一瞬で捨てろと言う話になるのだが、、、。
そんなわけで、これまたメチャメチャ長くなってしまったのだが、梱包もまた面倒なのだ。

発送するのが面倒

ここでは、売るのが目的では無く、手放す事が目的なのだ。
なので、1円だろうが0円だろうが絶対に手放さなければならない。
そうしないと、モノを管理する為の場所のコストと、誰かにあげられないかな?
と言う精神的なコストにずっと縛られ続ける事になる。
これがかなりのストレスなのだ。
これは、『らくらくメルカリ便』ならセブンイレブンとファミリーマート
『ゆうゆうメルカリ便』なら郵貯とローソンで郵送する事が出来る。
これらは、自宅の近くにある店などで選べば良いのだが、
コンビニによって少しやり方が違うので、動画であらかじめみておいた方がいいだろう。
これは、文字媒体だと分かりにくいので、絶対に『動画』で見る事をオススメします。まあYouTubeですね。
らくらくメルカリ便 発送方法』などで検索すればいくらでも出てきます。
動画で見るのが絶対に一番分かりやすいです。
発送する時に注意なのが、4個も5個も一気に発送する時は、間違えない様に細心の注意を払わなければならないと言う事です。
店員によっては、間違えそうな不安な人もいます。
なので、気を付けましょう。
そして、迷ったものは、全て捨ててしまいましょう!!

気持ちがいい

捨てることは気持ちがいいので、全て捨てて人生をリセットしましょう!!

\ 公式だよ /

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

自己破産系ミニマリストのガチ山です。
現在46歳。貯金無し。派遣。

10年後の55歳でFIREします。
ちなみに『ファイアーアゴーゴー!』=
『FIRE最高!』『何てったって FIRE!』

高校中退→通信制高校→二浪→大学→ニート→フリーター→転職5回→自己破産→派遣(T . T)

あなたの人生が、より豊かになる『キッカケ』になるブログを目指しています。

目次
閉じる